プロフィール

Healing Flower Lanahi ヒーリングフラワー・ラナヒ
遠藤朋子   Tomoko Endo
人生を癒すヒーラー

150名以上のセッション実績あり。「心が軽くなった」「楽になった」というお喜びの声多数。
他人を優先させてしまい、我慢し続け自分を見失ってしまった人の悩みの根本原因を見つけ解消する退行催眠療法をメインに、人生の目的に沿って満たされて生きたいと願う人々の変容をサポートしている。

これまでのあゆみ

20代は高校教師を4年勤め、出産&育児のため退職。夫の転勤で3年間海外で過ごし、帰国後は通信添削指導員を7年間勤める。育児に手がかからなくなり、これから自分のために何か活動しようと思った40代前半に、関節リウマチを発症。体中の関節が腫れて痛み、 仕事や家事どころか自分のことさえできなくなる。薬を服用してもなかなか効かず、何とか治したいという一心からヒーリングやヒプノセラピー等を受けるようになる。

スピリチュアル的な学びを深めるうちに、病気になった原因は他人を優先し自分を犠牲にするような生き方のせいだったと気づく。レムリアン・ヒーリング®を学んだことが人生の転機に。考え方や生き方を変える努力を続けるうちに症状は回復。

アセンデッドマスター、セント・ジャーメインから「私の名のもとに世界を癒していきなさい」というメッセージをいただき、両手にバイオレットフレイム(自由と変容のパワーを持つ光線)を授かる。マスター・マイトレーヤ(弥勒菩薩)、マスター・ジュワルクール(空海)の加護も受け、ヒーラー&セラピストとして活動していくことを決意。他人を優先し、自分をあまり尊重せずに生きてきて病気になってしまった経験から、同じように自分を見失い人生に迷っている人々の役に立ちたいと考え、40代後半にヒーリングサロン「ヒーリングフラワー・ラナヒ」を開業。

現在は、主に個人セッションや少人数制の講座を通して、クライアントが自分らしくポジティブに輝く人生を生きられるようになること、それが社会全体の波動を上げて幸福な未来へつながることを願って日々活動している。

取得資格

  • 2016年3月
    レムリアン・ヒーリング®プラクティショナー資格取得

    創始者のマリディアナ万美子&デイビッド・バウアーご夫妻から直接ご指導をいただき、レムリアン・ヒーリング®プラクティショナーとなる。

  • 2017年9月
    レムリアン・ヒーリング®ティーチャー資格取得
  • 11月
    レムリアン・ヒーリング®マスターLev.1取得
  • 2018年9月
    NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会スペシャリスト認定
  • 11月
    レムリアン・ヒーリング®マスターLev.2取得
  • 2019年7月
    米国催眠士協会(NGH)認定スクールにてヒプノセラピーの技術を習得
  • 2022年4月
    エンパス・サポートの手法を習得

    「ベスト・フィーメイル・ミディアム・イン・ザ・ワールド(世界で最も優れた女性ミディアム)」を受賞したレイチェル・カークランド氏からエンパスのためのクリアリング・バウンダリー設定の手法を学ぶ。  

  • 2023年9月
    チャネリングの技術を習得

    ヒーリングの師でもあるデイビッド・バウアー氏からチャネリングの技術を学ぶ。

デイビッドさんと